トップページ >  トピックス一覧 >  打ち水大作戦2009ひろしま

可部の気温をみんなで下げようや〜!打ち水大作戦2009ひろしまに参加しました。

平成21年(2009年)8月1日 JR可部駅西口広場
まるでソンクラーン(タイの水かけ祭り)みたいですね!」とタイ人研修生たちも大喜び。 「まるでソンクラーン(タイの水かけ祭り)みたいですね!」とタイ人研修生たちも大喜び。

 「打ち水大作戦」は、決められた時間にみんなでいっせいに街に水をまくことで伝統的な「打ち水」の効果を科学的に検証し、ヒートアイランド現象や地球温暖化の対策へつなげようと、全国各地で行なわれている社会実験です。
 今年度広島市内では全8区13か所で開催され、当社正面のJR可部駅西口広場が可部会場になりました。
 「可部夢街道まちづくりの会」に所属する当社からはタイ人研修生も参加。地元のみなさんや可部のこどもたち、可部高校の生徒といっしょに、午後4時からいっせいに打ち水しました。
 打ち水が水かけ大会のようになる場面もあり、とても盛り上がりました。
 打ち水後の気温測定では、開始前より2.7度下がったという結果が発表され、打ち水大作戦は大成功。
「打ち水」は江戸時代からの日本人の暮らしの知恵であるとともに、身近にできる温暖化対策。なによりもエコではありませんか。これからも打ち水続けていきたいですね。

「可部の気温はわしらが下げちゃりますで!」大和重工の打ち水隊。
「可部の気温はわしらが下げちゃりますで!」大和重工の打ち水隊。
打ち水の前に地元可部の子どもたちによるソーランが披露されました。
打ち水の前に地元可部の子どもたちによるソーランが披露されました。
結果はなんと2.7度も下がりました!打ち水は一度使った水や雨水を使うのがルール。今回はマツダスタジアムの地下で集め再生された雨水も用意されました。
結果はなんと2.7度も下がりました!打ち水は一度使った水や雨水を使うのがルール。今回はマツダスタジアムの地下で集め再生された雨水も用意されました。